--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.11

久々に映画

今日は仕事を定時でコソコソあがって、映画を観にいってきた。
Bunkamuraでしかやってないので、しぶしぶ渋谷へ。
暑いし、じめじめする上、渋谷。
不快指数300%だね☆

でもBunkamura自体はわりと好き。
整理番号だから絶対座れるし。
だいたいみんな一人だし。
平日だったからか、ガラガラでした。

で、観てきたのは「美しい人」。
9人の女性の日常をそれぞれ描いていて、超短編集みたいな感じ。
だいたい1話10分くらいなんだけど、ほとんど(いや全部か?)ワンカットだった!
「彼女を見ればわかること」と同じような感じだろうと思っていたので、あえて前知識を得ずに観たんだけど...。

ぐっときました。
確かに「彼女を~」をもっと細かくしたような感じなのだけど、1編1編が凝縮されていて、思いも寄らないところの台詞が響いた。
油断したー。泣けた…。
特にロビン・ライト・ペンの話と、乳がんの妻の夫の最後の一言。

最近いろいろ思うところがあり、でもじっくり悩むということが苦手なので、あえてフル活動してる。
おうち好きなくせに、おうちにいたくない。
じっとしてるとしんどいし…。

そんな中、この映画を観てちょっと自分の内面を見た気がする。
すごく大きな感動ではないし、人生を変えるかも!とかそういう映画でもないけど、じんわり効いてきます。
たぶん、あと数ヶ月して観たら、また感じ方も違うんだろうな。。。
おもしろくないかもしれんし。

・・・とまあ、実はちょっと気分がローなのですが、ここはO型。

なるようにしかならないのよね、人生は。
そのときに思って行動したことが一番正しいことなんだから、直感が大事。

というのがフミオの根底にあるので、なんだかんだ言っても元気なのだ。
一見ポジティブに見られ、深く付き合うとネガティブ思考だと感じられ、でも自分はやっぱりポジティブだと思ってるフミオでした。

あら、やっぱりこの映画、前知識ないほうがいいかも!
公式サイトのぞいたら、全部書いてるし…。
よかった、今気づいて…。
(というわけでリンクはしません。)

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mujikota.blog36.fc2.com/tb.php/94-b9142169
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。