--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.27

「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」 リリー・フランキー

4594049664.01.LZZZZZZZ.jpg

売れまくりですね。

ここまで「泣かせます!」と宣伝しながらほんとに泣かせる本って、珍しい。
とりあえず、これを読んだ周りの人間で泣かなかった人はいないです。
というか、これで一粒の涙も出ない人とは友達になりたくない。。。とすら思ってしまうくらい、泣ける。
間違いなく今年読んだ中で一番。

朝の電車の中でいつも見かける人がリリー・フランキーに似てて、それからなんとなく気になる存在だったリリーさん。
本はほとんど読んでたから、自伝的小説ということである程度内容は予想できてたんだけど、それでも号泣。
男の人が母親を失くすことがどういうことか、分かったような気がした。

そういやコレ読んだ友達が「オレの母ちゃん、リリーのおかんに似てる」と言っていたので、「私のオヤジはリリーさんのおとんに似てるかも」と言うと、何ともいえない複雑そうな顔をされました。
いや、あんなに荒くれ者?じゃないですが。
おとんに似てるというより、ある種の状況が似てんだね。

ちなみに、ナンシー関との対談集『リリー&ナンシーの小さなスナック』のラストの追悼文でも、短いながら号泣できます。
うますぎるんだ、文章。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mujikota.blog36.fc2.com/tb.php/11-d31a195b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。